花山手販売センター担当者ブログ
花山手物件サイトはこちら HAPIAwebはこちら
 
いよいよ明日っ!!!!
こんにちは。久方ぶりの更新です。

連休明けは真夏のような陽射し晴れ晴れ晴れと暑さに参ってしまいました。
本格的な夏がくればどうなることか汗と思っていましたが、雨降りのあとはなんと涼しげなことでしょう〜楽しい楽しい楽しいさわやかな風と柔らかい陽射しを浴びながら、ごゆっくりご見学頂きたいのが、いよいよ明日5/12(土)からスタートする神戸・花山手ハピアヒルズ第13・14期建売分譲です!!!
広々としたお庭に最新の設備を備えた分譲住宅でありながら、お手頃な価格でご好評のブランドですが、今回ご案内させて頂きます第13・14期をもちまして、阪神電車としての花山手での分譲は最終分譲となりますびっくりびっくりびっくりびっくりびっくり
今回も登録申込受付→抽選という方式で、申込受付締切は5/27正午です。

ぜひご来場のうえ、ご検討頂きますようお願い致します。

おかげさまをもちまして現在先着順にて購入申込みを受付中の第12期までの物件につきましては、残りわずかとなっております。お急ぎ下さい。

| 神戸・花山手住宅地 | 10:52 | comments(27) | - |
用途地域って?
こんにちは(^O^)/

さわやかな秋晴れですね。でも台風強風が接近とのこと。明日は雨雨かな。。。

前回ご説明した市街化区域の中には用途地域というものがあります。
用途地域とは都市計画法の地域地区のひとつで、用途の混在を防ぐことを目的とし、住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定めるもので、次の12種類あります。
用途地域が指定されると、それぞれの目的に応じて、建てられる建物の種類が決められます。
1.第1種低層住居専用地域 2.第2種低層住居専用地域 3.第1種中高層住居専用地域 4.第2種中高層住居専用地域 5.第1種住居地域 6.第2種住居地域 7.準住居地域 8.近隣商業地域 9.商業地域 10.準工業地域 11.工業地域 12.工業専用地域

このうち、神戸・花山手住宅地の大部分は第一種低層住居専用地域に指定されています。
第一種低層住居専用地域とは低層住宅の良好な住環境を守るための地域で、簡単には2階建て程度の住宅のみの本当の住宅街であると言えます。但し、販売センター付近は第二種住居地域という住居の環境を守るための地域に指定されています。この地域は店舗等などを建てることが認められています。
| 神戸・花山手住宅地 | 16:35 | comments(0) | - |
断熱材
こんにちは(^O^)/
厳しい残暑が続きますが夏バテしてませんか?

今日はハピアヒルズの住戸設備のうち、断熱材について簡単にご説明致します。

.蹈奪ウール(特殊な岩石をとかして、細い穴から吹き出し綿状にしたもの)
・・・1階・2階の壁・天井に敷き詰めています。
▲櫂螢好船譽鵐侫ーム(ポリスチレン樹脂に発泡剤を加えて押出成形されたもので断熱性、耐圧性、耐候性に優れている)
・・・1階床部分に敷き詰めています。

1階床部分から2階天井まで家をぐるりと包むように敷き詰められているので断熱性は良いです。冷房すれば涼しい時間が、暖房すれば暖かい時間が長続きしますよ〜(^O^)

写真があればまた後日アップしますね〜。
| 神戸・花山手住宅地 | 23:45 | comments(0) | - |
六甲トンネルを通って・・・。
こんにちは(^O^)/
今日もウルトラどぴ〜かんで暑い日になりそうですね。
外出されるときは熱中症にならないよう気をつけましょうね〜(^O^)/

今日は阪神間から神戸・花山手に六甲トンネルを利用して、お車車でご来場頂く際の順路をご案内致します。

まずは六甲トンネル(有料 普通車¥200)を通過。
これはトンネル通過後すぐのところ
↓↓↓↓
 

通過して緩い下り坂を進むと少し右にカーブ。
そこでこの標識が視界に入り、
↓↓↓↓


越えるとすぐ「唐櫃南IC」なので左側道へ入る。
↓↓↓↓


左側道をそのまま進むと阪神高速「からと西」出入口前の交差点。
右手には神戸・花山手の看板が。。。
↓↓↓↓         ↓↓↓↓
  

そのまま道なりに進んで信号を4つ通過するとまたまた神戸・花山手の
看板が見えます。
↓↓↓↓         ↓↓↓↓
  

その看板の前の道を左折すれば、そこはもう神戸・花山手住宅地です。


そのまま道なりに進めば神戸・花山手販売センターに到着致します。
  

みなさまのご来店お待ちいたしておりますm(_ _)m

※ご注意下さい
【営業時間】10:00〜18:00 【定休】火・水 【夏期休業】8/8〜8/16
| 神戸・花山手住宅地 | 13:00 | comments(1) | - |
2×4工法(ツーバイフォー工法)
こんにちは(^O^)/
昨日今日も雨雨雨・・・。いやですねぇ。
これまで建物の写真を公開してきましたが、実はもうネタ切れです。
” エ〜ッ (((゜д゜;))) マ・マジでぇ〜”
という冗談はさておき、今日はハピアヒルズ住戸の構造についての
お話です。

■構造は木造2階建の枠組壁工法(ツーバイフォー工法)
「ツーバイフォー工法」という呼び方は通称で、住宅の構造材に断面サイズが2×4インチの製材が使用されていることからであり、建築基準法等では「枠組壁工法」と言います。高い強度と気密性を持ち、断熱性に優れ、一度室内を暖めると温度は下がりにくいという特徴があります。また耐震性・遮音性にも比較的優れているのも特徴です。

■揺れを建物全体で受け止めるから、地震に対して抜群の強さを発揮
世界でも有数の地震国である日本の住宅にとって、耐震性に優れていることは不可欠です。床、壁、天井の6面が一体となった構造のツーバイフォー工法は、地震の揺れを各面でバランスよく吸収し、負荷が一点に集中することを防ぎます。また、枠組材と構造用合板を一体化させたパネル“ダイヤフラム”も優れた耐震性を発揮します。屋根や床の水平ダイヤフラムは外からの力を分散し、建物のネジレを防ぎ、壁を形成する垂直ダイヤフラムは、建物の変形や倒壊を防ぎます。


■ツーバイフォーの強さは阪神大震災でも実証
1995年1月の阪神・淡路大震災は大都市の直下で発生した地震であったため、予想外の大惨事となりました。しかしながら、日本のツーバイフォー建築協会の調査によると、被災地のツーバイフォー住宅のうち96.8%が特に補修しなくても継続して居住可能な状態を保ったことが分かっています。

今回は、2×4工法(ツーバイフォー工法)についてのお話でした。
では、また来週〜(^-^)ノ




| 神戸・花山手住宅地 | 13:46 | comments(0) | - |
Sports Year
こんにちは。
サッカーW杯も、気がつけば残すところも決勝戦のみ。

みなさん、睡眠不足に悩まされていませんか??


さて、今年も前半戦が終了しましたが、振り返ってみると、荒川静香選手で湧いた「トリノオリンピック」、王監督が宙を舞った「WBC(ワールドベースボールクラシック)」、そしてサッカーW杯と、スポーツ色に染まった半年だったように思います。


そんななか、お子さまに「ぜひともスポーツをさせたい」とお思いになられた方もいらっしゃっるのでは??


スポーツをするには、やっぱりのびのびと運動のできる環境が必要です。

今日は、花山手にある公園の一つ「ひこはち公園」を簡単にご紹介します。





けっこうな広さもあることから、土曜日には、大勢の子供たちがユニフォームを着てサッカーをしている様子が見られます。サッカー教室が開かれているとのことです。





特にこのシーズン、サッカーの応援をするのに日影は必要ですよね。



のびのびと運動のできるこの公園から、将来何かスポーツの日本代表選手が生まれてくれないか、期待しています。



P.S.




もちろん公園内には遊具等もございます。
サッカーだけでなく、憩いのスペースとして、みなさまお使い下さい。
| 神戸・花山手住宅地 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ