花山手販売センター担当者ブログ
花山手物件サイトはこちら HAPIAwebはこちら
 
住宅ローンの金利について
こんばんは(^^)
今日は今後上昇すると思われる住宅ローン金利についてのお話です。

住宅ローン金利には(册斡睛型固定特約金利型D仰拘固定金利型の三パターンがあります。

(册斡睛型は借入れ後も定期的(半年に一度)に金利が見直されるローンです。返済額は5年に1度見直されることが一般的です。つまり、借入れ当初から5年間は返済額が変わりませんが、適用金利は変わることがあります。なお、5年後の返済額が急激に上がらないよう、どんなに金利が上がってもそれまでの返済額の1.25倍を上限とするルールが多くみられます。現状では固定金利型に比べて金利が低めです。
!!当社提携ローンではお借入れ当初から返済終了までの全期間1%優遇!!

固定特約金利型は返済当初一定期間の金利が固定されるタイプのローンです。(主に2年、3年、5年、10年など)
固定期間終了後は、その時点の金利で改めて固定特約金利型にするか変動金利型にするか選択できます。
!!当社提携ローンでは固定期間の年数とは関係なく、お借入れ当初から返済終了までの全期間1%優遇!!


D仰拘固定金利型は金利が最初から最後まで変わらないタイプのローンです。金利は変動金利型等と比較すると高めですが、金利が変わらないので将来にわたる返済の見通しが立てやすく安心感もあります。
悲しい超長期固定金利型に関しては金利優遇はございません悲しい

金融機関によっては、(册斡睛型・固定特約金利型のどちら一方とD仰拘固定金利型を組み合わせてお借り入れできるミックスプランという商品もあります。返済額の一部は金利優遇のある低金利な変動金利型を活かしながら、さらにもう一部は超長期固定金利型で最後まで返済額が一定という安心をプラスする事ができる組み合わせです。拍手拍手拍手拍手拍手拍手

詳しくは、販売センターの営業担当者まで。
| その他 | 23:59 | comments(0) | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ